探偵/興信所/浮気/東京/武蔵野市

プロがプロを騙す!被害があきらかになりにくい詐欺事件

プロがプロを騙す!被害があきらかになりにくい詐欺事件

「地面師」という言葉をニュースや新聞報道などで見かけるようになりました。
積水ハウスから63億円騙した地面師グループの1人は、かつてアパホテルから12億円だまし取っていたそうです。このような金額が被害にあったのは不動産取引に関連したからです。しかし、不動産取引は、不動産会社や銀行、司法書士などの専門家が関与します。この専門家は、不動産取引のプロ。そのプロたちが、詐欺師に騙されてしまったのです。

地面師とは、他人の土地を自分の土地であるかのように嘘をついて、事情の知らない第三者に売り渡す詐欺師たちのことです。この詐欺師たちは複数で役割分担をし、計画を実行していきます。事件を計画、主導する「リーダー」、他人になりすます「なりすまし役」、なりすまし役を手配する「手配役」、口座を準備する役など役割分担されています。

地面師たちは、写真のような空き家に目をつけます。


空き家
※写真はイメージです



なりすまし役が偽造した身分証明書を使って本人になりすまし、不動産業者へ売却します。この土地を購入した不動産業者が「善意の第三者」の場合、他人の土地であっても土地を所得できます。

ちなみに、「善意」とは事情を知らない(なりすました本人のものと知らない)という意味です。そして事情の知らない不動産業者がまた「善意」の建売業者へ転売し、建売業者が個人へさらに転売します。そうして本当は自分のものにならない土地へ住み続けることになるのです。

このような取引が行われているのに「地面師」がそれほど社会問題にならなかったのは、地面師たちに騙された不動産会社や銀行、司法書士などの専門家が騙されたことが表ざたになると信用が損なわれるからと泣き寝入りしているためだそうです。つまり地面師たちは、不正な取引が露見しても捕まることなく、新たな仕事をつづけられるのです。

登記簿や印鑑証明などの書類の電子化が進み、他人へのなりすましは難しくなってきています。しかし、所有者や相続人がいない土地などでの被害は今後もありそうです。気を付けましょう。

コメント


認証コード6877

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional